ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

部活礼賛の大人=おにぎりマネージャー礼賛の大人=気持ち悪い

とにかく今、甲子園めっちゃ気持ち悪いって思ってる。
甲子園をめざす野球部員のために、女子マネージャーが毎日おにぎりを握り、その通算はなんと二万個になるという。
 
女子マネが男子部員のためにせっせと裏方に励む構図。
 
これは男女差別では?という指摘に
 
ブスの僻み
 
自分の意思だから良い
 
選手も喜んでるし
 
 
とか言ってるおバカさんに正当化されるこの行為に対して、私は別視点でイライラしてる。
 

自分のために頑張るのはなぜ悪なのか?

 
 
この女子マネージャーが、野球部のマネージャー活動のために名門大学を目指す特進クラスから普通クラスへ行くことを肯定的に語る大人がいることだ。
 
受験より、チームのために尽くしてるのが貴重な経験
 
これをできるなら他のことも頑張れる
 
などなど。
 
そこで、なぜ自分の受験勉強を優先するより、部活優先が良いのか全然意味がわからない。
 
特進クラスのまま、勉強の合間にできる限りマネージャー活動をするのでは、絶対に注目を浴びなかっただろう。それだってすごく立派なことなのに。なぜ甲子園のための自己犠牲が前提なのか。
 
「いい大学へ行くだけを目指すのは視野が狭い」とか言う人もいるが、何かをやるために勉学を犠牲にするという考え方だって視野が狭い貧困な考え方だ。1%でも「勉強したいなー」と思うのであれば、その気持ちを大切にするべきだ。でないと後悔するかもしれない。
 
自分の夢のために他人が何かを犠牲にするのを、選手や監督は良しとしているのか?
グループの夢を応援してもらってるなら、個人の夢も尊重する土壌がなかったと思われても仕方ない。
 
他のことも頑張れる?
 
そんなのわからないじゃん。部活全く頑張らなかった人は、将来絶対成功できないとかそんなことないし、名門野球部出身で人生持ち崩してる人はごまんといる。
 

英語力や数学能力<<<<<部活の経験なのか?

 
AO入試で有利になるのだから、彼女は損してない。
 
 
とか言うおバカさんもいるけど、AOだっていまどき学力必要ですからね。私の出身大学もAO入試ではバッチリ論文テストありますよ。
 
てか、入試で損しないとかそんな問題じゃない。
 
勉強は、一つ一つは机の上の役に立たないルーティンワークにみえる。
 
 
でも、数学で論理的思考能力を鍛えるのは、将来に役立つ。国語の授業に出てた作家の作品を読むとか、日本史にでた歴史の名所探検に行くのもすてきな経験だ。Facebookで外国人と知り合って英語でチャットしてみるとか、外の世界を見るきっかけにもなる。
 
それを本人の意思だから、とやめさせる、あるいはパワーダウンさせてしまうのは、大人の無責任だ。
 

今しかできないことって何だよ

 
甲子園はたしかに高校生しか行けないけど、勉強だって同じだ。大人になってからだと、仕事しながらだったり、専念することはかなり難しくなる。
 
じっくり3年間勉強に専念できる環境って奇跡的なものだと、大人になって気づくのでは遅すぎる。
 

自分のために時間を使おう

 
女の子に美味しい手作りおにぎり握ってほしいと思うのは勝手だ。
 
男とか、女の問題じゃない。たとえ男のマネージャーでも、同じことをしたら、私は気持ち悪いと感じる。
 
仕事や家庭に縛られないせっかくの高校時代に、部活に縛られるのを良しとする日本社会全体を象徴しているみたいで気持ち悪い。
 
もっともっと、自分のために、多様な価値観に触れるために時間とエネルギーを使ってほしい。
 
それを高校生らしくないとか、青春じゃないなんて言われる筋合いは全くないのだから。