ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

風邪なのに出社するって最強のハラスメントだよ

2日間会社を休んでいた。


一日目は38.6℃の熱と体の節々の痛み。デング熱疑ったくらい辛かった。

二日目は咳と鼻水と頭痛。鼻水が溜まって苦しくて、眠れなかった。


これら全ての原因は、風邪をおして出社した同僚からの感染だった。他に風邪引いてる人いなかったし。

やる気見せてるつもり?


マスクはしてるけど、ゲホゲホやって、風邪菌撒き散らしやがって。頑張ってますアピールかよ。

仕事もろくに覚えないくせに。と3歳年上の同僚を軽く睨む。


それでミスが許されると思ってんのか、あんた影で「バカ」って言われてんだよ?

斜向かいの席でそいつのみじめなマスク姿を見るたびイライラした。

こんなボンクラと同じ仕事して同じ給料しかもらえない自分が何より恥ずかしい。(話逸れましたすみません)

もー、消えろ。とさえ思った。


シックハラスメント、死ね!


本人は休んでないし、頑張ってるし精一杯やってるつもりが、私にとっては大迷惑だ。

人の体の作りはそれぞれで、40℃の熱でも動ける人がいれば、私みたいに38℃で機能停止という豆腐体力な人もいる。

まして子どもがいる人もいるんだし、感染して家庭に持ち込んでは大変だ。

こんな簡単なことも想像できないのか。

自分が大丈夫だからって風邪菌撒き散らす奴は思いやりのないダメな人間だと思う。


でも、世間は病をおして頑張る人間を評価する。

てか、フラフラで頑張る本人に「うつると迷惑だし休めよ」なんて言ったら、こっちが人間性疑われるから、そこは褒めざるをえない。

38℃でぶっ倒れる人間は肩身が狭い。ちょっとのことで休めば「たるんでる」「社会人として自己管理がなってない」ってなるらしい(幸い私の職場はそのボンクラ以外マトモな人が多いので、こんな世論は起きない。ホッとした)。

頑張る至上主義な家庭で育ち、頑張れば認めてもらえるなんて言われて育った多数派がこんな風潮を作り出し、無理はしても、きちんと仕事しない奴を育て、風邪菌撒き散らして、人を二日も寝込ませてる。

もう、シックハラスメントと言っていいくらいだ。

うがい手洗い、体を温める、などなど、自分でできる健康管理はできても、職場に一人バカがいてばい菌持ち込むのは避けられない。

豆腐体力を持つ私たちは、さらなる対策を講じなければ、社会人としてやってけないのだ。