ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

考えたいからブログを書く

年末年始の休みのあいだ、本を読んだり、小説書いて、書き進まなくて悩んだり、おせち食べきれなくて家族みんなで焦ったり、マンガ読んだり、テレビ見たりしてきました。ぴーちゃんです。


ブログも休みということあってか、お客さんは落ち着いていた。

ついついだらけて更新もサボってた。


そんな暇暇ダラダラななかで、「私なんでブログ書きたいんだろ」っていう問いがちょいちょい分かってきた。たぶん、自分の頭で考える時間が必要だからだ。

考えないと死ぬ

大学を卒業するまで、自分の頭で考えない時間はとても少なかった。

それが、就活と会社員生活で一変した。

就活なんて自分の頭で考えだしたら気がふれる。
「自分で考えてSE書いて自分の言葉で面接しなさい」っていうのは生まれつき社会に適応した人間がやることで、私みたいなナチュラルボーン社会不適格者はやはり好印象なテンプレを自分の体験ベースに改変するだけだ。

とにかく、地を出さない。これに尽きる。

苦労して就いた今の仕事は交渉術やクリエイティビティを必要としない事務作業だから、ミスしないこと以外考えない。むしろ余計な考え事がミスを招いて危険だ。

そんな理由もあって、脳が2年間考えなくなった。いまは1日8時間も考えることができない。さすがに体に不調がでてくる。

栄養が不足しているかのごとく、無気力になったり、怒りっぽくなったり。記憶力もパワーダウンして、脳みその回転が鈍くなった。仕事始めてから頭痛いし、膝痛いし、身体的健康も不安だらけだ。

冗談抜きで、このままだと死ぬかもしれないと思った。

考えて考え抜きたい

更新をサボっていた年始も、やはり体の調子は狂いっぱなしだった。ブログの更新をサボった日はなんか気持ち悪い。

もはやブログが、骨盤エクササイズみたいに健康法の一つみたいになっている。

今のところ、自分の頭で考えて、モノを言って、人に見てもらえる機会はブログのみ。この場を大切にしないとな、と改めて感じる。

書いて考えて、書き続けて考え抜きたい。