ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

ユリ熊嵐第3話感想【透明な嵐の正体】

ツッコミどころ満載で封を切った第1話。

わけわかんないまま、とにかく百合百合の第2話。


そして第3話。
今回で1番の転換点となった。

熊としての本性を表した百合園蜜子。紅羽を食べるために本格的に動きだす。

自分が銃殺したこのみの代わりに鬼山江梨子を議長とし、紅羽をクラスから排除する。


これが透明な嵐の正体だった。つまり、空気の読めないはぐれ者を断罪し、友達の輪から外し、秩序を守らんと活動している生徒会のこと。


「友だちは何よりも大切ですよね。」
という江梨子のセリフ。

否定できない言葉で個人を縛り、相応しくないものを独断と偏見で排除する。

「絆」に代表される実体を伴わない、でも真っ向から否定できない言葉で人を縛る。今の日本社会を皮肉っているのかな?

ただ、百合百合してるだけじゃないじゃん。


蜜子がむき出しの本能で紅羽に襲いかかる。

それを、銀子とるるが止める!

なぜ?

恥ずかしくて直視できなかった紅羽のナメナメ(笑)

熊に舐められて懐かしい感覚を覚えるってやっぱ紅羽は銀子と前に会ってる⁈

だんだん物語の形が見えてきた第3話。楽しみすぎる。