ぴぃこ、息を吸う

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

情報音痴がMVNOについて調べたことをまとめてみる

通信費がバカ高い

いま、au契約7年目に突入しようという時期にいる。iPhone5にして4年目といったところ。

端末の保証も切れたのに、通信費が月に9000円もする。

デザリングは通信容量制限であっちゅう間に速度制限がかかる。ブロガー活動を本格化するためには、Wi-Fiも導入したいけど、今のキャリアのままじゃ家計が逼迫する。

そんな風に悩んできた矢先、風の噂に聞いたのが、

MVNOって安いらしいよ!

って話。まあ、CMをみて「これは⁈」と思っただけなんだけど。

でも、MVNOってなに?

情報レベル0からスタート!

MVNOとは?

ざっくり言うと、3大キャリア(docomoauSoftBank)の回線を間借りして、安ーく通信サービスを提供している格安キャリアのこと、らしい。LTEや通話も普通に使えるとか。

ただ、会社によってiPhoneはダメなとこもあるし、借りている回線によってはiPhoneじゃなくてもダメな機種とかがある。やっぱりiPhoneは捨てがたいしなうーん。

てか、主要なものだけで10社もあるのか。大手にこだわる必要もないな。

MVNOのための準備

まずMVNO をするには、何が必要か?一番丁寧に乗り換え方法を記載しているIIJmio(アイアイジェイミオって言うらしい)のページを参考に貼っておく。


事前予約がいる。そこはどこもあまり違いはない。そして、身分証やクレジットカードが必要だ。いまどき希少種の私のような現金主義者は、NOクレジットカードポリシーを捨てる必要もある。

基礎知識はOK。

次回は、今の自分のケータイ事情を分析して、自分に合ったキャリア探しを書いていく。