ぴぃこ、息を吸う

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

堀潤さんのファンになってしまいました

こんにちは。まさかまさか、自分が男性アナウンサーのファンになってしまうとは。

きっかけはバラエティー番組でした。

前略、月の上から→Twitter

私の住む名古屋では、だいたい一カ月遅れで放送している、フジテレビ系の深夜番組『前略、月の上から』。

山ちゃんのファンなので見てたけど、これがめっちゃ笑える。ヒロミ、山ちゃん、堀潤、タブーなき3人のブツブツが冴え渡る、いまトップクラスに面白い深夜番組だ。

そして、NHK をほとんど見ない私が、元NHKアナウンサーの堀潤さんを初めて知ることになった番組でもある。

初回から、NHK時代にキャバ嬢家に泊めてた話もしてたり、飛ばしていた。最近の放送では、「大便と小便」について堀さんはブツブツ言ってた。ヒロミに「頭おかしい」と言われるフリーアナウンサーというものを目撃した。

「いくら辞めたからってこんなことアリか⁈」

「ヤバい‼︎斜め上すぎる‼︎」

放送開始以来、一事が万事こんな感じで、私はたちまち堀ワールドの虜になってしまった。爽やかな容姿もあいまって衝撃のキャラクターだった。

Twitterが真逆

月の上からを見てるうち、Twitterとかブログとかやってんのかな?フォローしよ!的な気持ちになる。

そして、ツイートはこんな感じ。




あれ、さっき大便と小便の違いとか言ってた人だよね?
ツイートいたってまじめじゃね?
これ、なりすまし垢か?

そう疑うくらいのテンションの違いにびっくりした。「この人、やっぱジャーナリストなんじゃね?」

報道に真摯な姿勢

NHK を退社されてのちの経歴はけっこう骨太な方みたいです。詳しくはNAVER まとめ先生↓

NHKを退職する堀潤アナの揺るぎない「決意」 - NAVER まとめ



いちNHKアナの前に、いちジャーナリストとしての報道への真摯な姿勢を貫く姿に、うおー、と唸ってしまった。かつて私が学生時代に憧れていたジャーナリスト像に近いものを感じた。


そんなわけで、すでにブログに、「堀潤」カテゴリーを作っている次第。

いま、堀さんの著書『僕がメディアで伝えたいこと』を読んでる途中なので、読み終わったら感想を書いてみたい。