読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぃこ、息を吸う

アニオタ混じりのエイターで、絵を描く自称会社員のブログよろしく!

TOEICPart 3~4が苦手な私の学習法①【目指せスコア800】

仕事・スキル 転職活動日記

TOEICでスコア800狙いますと言って3日。

転職活動をしながらのTOEIC勉強は、なんか息抜きのようでホッとさえしてる。

リスニングが苦手

3月はリスニング中心のトレーニングをする予定。

なぜかというと、780が最高記録の学生時代も、リスニングにモーレツな苦手意識があったから。

Part 1~2は反復学習でなんとかなる。

でも3〜4は、聴くだけでないガチの英語活用能力が試される。


設問文がミソ

TOEICリスニング入門レベルの問題集なら、どこにでも書いてある

試験の説明してる間に設問文を先読みしなさい

というアドバイス。理由は簡単。

話されている全ての内容を、聞き取り記憶するのは不可能だから、設問文で内容をある程度予測するべし。

これは、真理だ。

世界のあらゆる言説のなかで、唯一の真理といっても過言ではない。

わかりやすく言うと、Part3~4の攻略は、いかに効率的に設問文を先読みするかにかかっているのだ。

音読してみる

効率、つまりざっと早く的確に設問の趣旨を掴み、流れてくる話を予測する力が必要。

①問題文を目で追うスピードをアップさせる。そんでもって、②問題文から重要なワードだけピックアップする能力を高める。

①のために、いつもどのくらいのスピードで英文を読めるか?を把握する必要がある。そのために設問の英文を音読している。

最初はつっかえたり、聞きなれない固有名詞が読めなかったりする。そこ、黙読ではもっと処理スピードは遅くなるはずなのだ。まずは音読でつっかえない!徐々に黙読の速さにも反映されてくる。たぶん。

②のキーワードも大事。

冒頭の5W1Hとかは初歩。Part2の質問を字で読んでる感覚で着目する。

どこ?なら場所の名詞に注目して前後関係を注意深く聞き取るとかね。

②は人物の関係性に着目してみる。

カフェの店員と客なら、客の頼むメニューに着目してみたり。
 

と、まあこのように、エラそうにTOEICの攻略方法披露してみたかったんですm(_ _)m


さて、勉強続けるか。