読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぃこ、息を吸う

アニオタ混じりのエイターで、絵を描く自称会社員のブログよろしく!

【ジャニオタ】イマドキ律義にCDを買う人ってどんな人?【AKBオタetc.】

関ジャニ∞ 音楽・メディア

先日、アップルが定額の音楽配信サービスApple Music を発表した。

定額音楽配信に巨人登場!そんでもって配信サービスの競争激化!

これで、ますますCDが売れなくなり、音楽市場が縮小すると予想する声もある。

この予想は、当たらない。

私はCD復活は永遠にないけど、これ以上CDが売れなくなることもないんじゃないかと予測している。

それは何故か?

平成2年生まれなのに、iPodを使ったこともなく、iTunesでダウンロードしたこともない。カセットテープと鉛筆*を見てピンと来る、未だCDを聴きつづけているアナログっ子、私ぴーちゃんの音楽ライフから紐解いてみよう。

慣れてる

いつまでもCDで聴くの理由はズバリ、「CDで聴くのに慣れてるから」

あれに慣れていると、登録して、プリペイドカードで払ってダウンロードしてって作業が逆に面倒。

iPhoneのデータも一杯になっちゃうし。

音に納得がいかない

イヤホンから音漏れしてる人から聴こえる、あのシャカシャカって雑音。

私、普通に音楽データ聴いてても聴こえるんですよ!

あのデジタル音にお金を出す気にどーしてもなれない!

同じクラシックの名曲をCDとYouTubeで聞くと全然違う。

こういった、音質に一癖も二癖もこだわってる人は実は多い。

渋谷すばる君がレコードマニアなのも、デジタルとアナログの音質の違いに、普通より敏感すごい耳を持っているからだろう。

私はCDで十分。

結局はグッズマニア

それと、これはアニオタであり、エイターである私独特の意見。

ジャニーズ、アニメ、声優、AKB、EXILEの共通点はなにか?

グッズで商売が成り立っていることだ。

これらのオタって、「グッズ集めてる!」って人が多い。

グッズを身につけていることで生まれる、ファン同士の仲間意識が芽生える。この仲間意識が大なり小なりアーティストを支えるものになっている。

上にあげた5つは、グッズの影響がすごく強くて、CDにもグッズが付いてたりする。

グッズと同じ感覚でCDも購入している傾向がある。

iTunesの音楽データでは育まれない仲間意識が、CDを生き永らえさせる可能性はある。

まとめ

**幼い頃からCDに慣れてしまっている

音質が明らかに違う

仲間の印としてのCD**

この3つから、CDは必ず無くならない。うまく縮小して音楽市場で生き続けていくと思う。

*平成生まれの方へ カセットテープのテープがたわんでしまったら、鉛筆で穴に入れてキュルキュル回すんだよ