読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぃこ、息を吸う

アニオタ混じりのエイターで、絵を描く自称会社員のブログよろしく!

30年後に無くなる職業は芸能人かもしれない

つい最近、人工知能、ロボット化によって将来なくなる職業が話題になってましたね。

http://spotlight-media.jp/article/209098529509153603

クリエイティビティのない仕事を中心にどんどん代替されていくという見方のようです。

でも、私は芸能人こそいま一番なくなる可能性のある仕事だと思うのです。

めっちゃくちゃブラックな芸能界

SMAP解散騒動では、スマスマでの公開謝罪が一般人には「やり過ぎ」「ブラック企業みたい」と映ってしまいました。

私もメンバーの去就ががどうこうより、芸能界の仕組みが昭和過ぎることが気になって仕方ありません。

SMAPクラスでも事務所辞めたら干されるとか、どう考えてもおかしいでしょ。

そんな業界に行きたい若者も、行かせたい親もいません。

個人が発信できる世界

映画を撮りたければ、

SNSで気の合う仲間を見つけて、

iPhoneで撮影して編集。

これでOK。

音楽ならスタジオ借りて録音してyoutubeで流せる時代です。

ファッションモデルならブログでコーディネートをアップ。

スタッフに挨拶してご機嫌とったり

業界のドンにゴマ擦ったり

整形したり

枕営業したり

そんなことする必要なく、自分を発信できる。

もはや、芸能人を目指す必要なんてないのです。

あと30年

いま芸能界で重鎮と言われる人々の寿命はあと30年。

世代交代とともに、昭和な価値観は通用しなくなるでしょう。

若い世代は事務所の言うこと聞くのやめてどんどんネット発信にシフトしていきます。

芸能人ではなくても才能ある表現者はどんどん出現していくのです。