ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

エイターに向けて不登校&ニート経験を書く理由

エイターのみなさん。

おはようございます。普通の人ぴぃこです。

さて、一応エイターブログのつもりな我がブログ。

でも、ときどき学校や仕事についてがたがた言っている、というかそっちの記事が多い私。

エイターに読んでほしいのになぜこういった記事を書くのか、この際説明しておきたいです。

誰もがエイトになれない現実

関ジャニ∞の魅力の一つは?

メンバー同士の絆です。

しかし、誰もが彼らのように、素晴らしい仲間に巡り会えるわけではありません。

周りにエイターいなくて浮いたり

学校でいじめられたり

親と仲悪かったり

職場でパワハラに遭ったり

人間関係の現実、厳しさ。こういった状況のエイターさん多いと思います。だからこそ、関ジャニ∞に元気づけてもらう必要があるのでしょう。

悪い人間関係からとりあえず逃げる!

世の中には悪い人も、気の合わない人もいるから当然といえば当然の現象。

ダメならダメで他の場所に行くしかありません。逃げるが勝ちなのです。

しかし、それを良しとしない風潮が未だに残っているのが日本です。

学校で同世代の仲間と切磋琢磨して青春しろ

一つの会社で頑張れ

嫌な相手とも分かり合える

と周りの大人は強要しませんか?

人生経験のない若い人は、大人の言葉を真に受けて苦しんでしまうのです。

仲間は強要されるものじゃない

でも、よーく考えてください。

関ジャニ∞は、偶然がもたらした7人の個性が重なって、魅力的なグループとなっている。

決して「仲良くしろ」と言われてできたものじゃない。

私はエイトをみてそう感じるからこそ、あらゆる人間関係に苦しむエイターに向けて主張していきたいのです。