ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

無職になって一ヶ月以内に絶対やるべき手続ベスト5

毎日がゴールデンウィークなぴぃこです。

無職になってからはや一ヶ月が経ちました。

「ゆっくり将来を考えながら就職活動をしよう」と思いましたが、世の中そんな簡単にいくものではございません。会社員時代と身分がガラッと変わってしまうので、無職になったらなったでやることいっぱい。特に公的な手続きはサボると大金を損することもあるのです。

というわけで、無職になった私が一ヶ月で完了した超重要な手続きまとめてみました。どうぞ

離職票は希望した?

退職前に、会社に離職票は希望しましたか?

離職票を受け取るのは元社員の権利であり、会社側の義務でもあります。

だいたい、離職してから1〜2週間ほどで届きます。

離職票が届いたら、以下の順番で急を要する手続きを行いましょう。

健康保険

会社を辞めると同時に、会社が所属する健康保険組合からも離脱しなければいけないので、保険証は返却します。保険証がなくなるといざという時病院に行けなくなってしまうので、一番大事な手続きと言えるでしょう。

そのあとは、国民健康保険に加入するか、親や配偶者など家族の扶養に入るかのどちらかです。

会社を退職した | 国民健康保険料の計算、国民健康保険と健康保険任意継続との比較など!

私もどちらにしようか迷いました。結論はというと。。。

頼れるなら、真っ先に家族の扶養に入りなさい!

扶養に入ると保険料がかからないためです。国民健康保険料がどれだけかかるかググってみて、「いつまでも親のスネかじってて恥ずかしい」なんてプライドは捨てようと思いました。

扶養に入ると決めたらすぐに申請しましょう!保険証がなかなか来ないことがあります。私も4月に入ってすぐに申請しましたが、まだ来てません。。。

奨学金

日本学生支援機構(機構)から貸与の奨学金を受けていた人は、以下で紹介する手続きが必要です。健康保険と同じくらい迅速に行いましょう。延滞となった場合、とても面倒なことになります。

返還猶予と減額返済

所得が足りず、奨学金の返済が予定通りできない場合、返還猶予と減額返済の申請ができます。

返還が難しいとき - JASSO

猶予は通算で10年、減額返済は最長15年間まで適用可能です。再就職の予定もなく、無収入になるなら返還猶予の申請を行いましょう。特に窓口に行くこともなく郵送でできます。

返還猶予と延滞の違い

最近問題になっている、延滞してブラックリスト入りしてしまう人の中には、この返還猶予の制度を知らないからそうなってしまうこともあるのです。

延滞と返還では全然違いますので。。。

延滞=機構に黙って返還しない。または銀行口座にお金を入れ忘れる。長期にわたる場合はブラックリスト入りする危険がある。

返還猶予=機構に手続きを出して承認され、一定期間返済しなくてよくなる制度(利息は猶予期間も発生する)

返還猶予しておけば、催促も来ないし、ブラックリストに載りません。また、一度でも延滞すると、その後返還猶予や減額返済の申請をしても認められにくくなることもあるそうなので、離職票が届いたら光の速さでコピーして、申請書と一緒に送りましょう。

失業保険

自己都合でもすぐに申請!

奨学金のために離職票など会社から送られてきた書類を全てコピーし終わったらすぐ、近所のハローワークへ行きましょう!

よく勘違いする人が多いのが「自己都合退職だと待機期間があって、失業手当が3ヶ月もらえない」というもの。確かに自己都合の場合、失業手当はすぐに受給できず、三ヶ月の給付制限期間があります。

でも、この3ヶ月は離職日からではなくハロワで失業の申請をした日から3ヶ月ですよ! これを知らずに3ヶ月後に申請したら、また3ヶ月給付を待つことになってしまいます。

再就職手当

もし、自己都合の給付制限期間や失業保険をもらっている途中の期間に就職したら、再就職手当と呼ばれるものが支給されます。頑張って早く就職したご褒美みたいなものです。こちらも「私はスキルあるし引く手あまただから失業手当なんてもらう必要ないわ!!」とか言わずに申請をしておきましょう。

年金

国民年金への切り替えも必ず行いましょう。 こちらはまだ猶予があります。失業保険の説明会に出席して、雇用保険受給資格者証を取って来てからでもいいです。

納付猶予

国民年金に切り替えたら、納付猶予の手続きです。未納のままにしてたら絶対ダメ!!!!

例えば、不慮の事故で障害を負い、働けなくなった時に困るんです。納付猶予手続きをしている場合と未納のまま放っておいた場合では受け取れる障害年金が違ってくるのです。

ハローワーク

ハローワーク求職登録は失業保険の申請をすれば誰もがすることになります。こちらは離職票がくる前でもできますので、私は有休消化に入ってすぐに求職登録しました。

実際にハロワの求人から職を探すかは別として、求職登録はしておくと便利です。ハローワークは単に求人検索をするだけではなく、様々なサービスを無料で受けられるので使いましょう。

44歳以下が対象の若者ハローワークではキャリアインサイト(適職診断)や面接の練習などのワークショップも開催されています。

まとめ:何事も早めに

以上、1ヶ月以内に無職がやるべき手続きをまとめました。会社を辞めた1ヶ月間は本当に忙しいです。私は今回で手続きをするのは二度目ですが、初めての人はもっとメンドくさくて戸惑うかと思います。

離職票が来たらソッコー手続き!!何事も早めに申請を心がけましょう。