ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

【マンガ】イヤミに気づかない幸せを返してください

私の学生時代のお話です。

私も、嫌味には鈍感だった方でした。人に言われて「あ、この人ずっと私にイヤミ言ってたんだ」とわかるっていう。B子の気持ちがよくわかります。

イヤミって言われたからといって自分が損するわけでもないから、気づく必要もないし、むしろ気づかない方が幸せなのですよ。

「あ、イヤミだ」と認識してしまうから不愉快になるのです。

とはいえ、一度イヤミに気づいたら、イヤミに鈍感な自分には戻れません。ああ、幸せだった日々を返して欲しい。