ぴぃこの転職活動日記

26歳会社を辞めた私の転職活動日記

押見修造作品に学ぶ、魅力的なボブヘア女子の描き方『ハピネス』

現在、遅々として進まぬ無料連載漫画をnoteにアップしている私。

無職女子の猫耳娘、渋沢まるが主人公です。

https://note.mu/pikochan888/m/mc6ea748833ae


これから、魅力的なキャラクターに育てて、面白い作品にしていきたいところ。

いい漫画家は自然に学べ!悪い漫画家は漫画家に学べ! 

そんな持論の元、尊敬申し上げている天才漫画家、押見修造先生の作品から、女子キャラ作りのヒントを学ぼうと思いました。


おかっぱ女子の魅力


押見作品の魅力の一つ。

女子が毒々しくて可愛い!


性的コンプレックスだらけの男子キャラに負けず、強烈な個性や難アリの性格なんですが、


みんな可愛い!

そんな、彼女たちの魅力はなんなのか?

言い出したらきりがないので、二人のヒロインにスポットを当てて、髪型という視点から書いていきたいです。


生身の人間でもそうですが、髪型は性格やコンプレックスが現れやすいもの。

ニューヒロイン五所さん

 
最新作『ハピネス』では五所さんがヒロインの位置。

なんか、飄々としてて、どこか謎めいた女の子。なぜ、岡崎と仲良くするのか?


前髪が長めか、ボリュームは厚めという印象があります。



自分で描いてみた↓



 

前髪が重ためなボブは、ミステリアスな印象も与えますね。


志乃ちゃんのコンプレック

志乃ちゃんは自分の名前が言えない』も名作です。一巻で完結するから押見入門者向け。


大島志乃ちゃんのコンプレックスは吃音。人前だとうまくしゃべれない彼女はなかなか友達ができずぼっち飯状態(他人事とは思えん)。



そんな彼女のボブヘアは前髪が長め。厚さはないものの、真っ正面から人と視線を合わせない自信なさげな様子を表現しています。





以上、押見修造作品のボブヘア女子二人の分析でした!!


押見先生が本当に何を思ってこのキャラクターデザインにしたのかはわかりません。


しかし、プロの漫画家さんのキャラを分析することは「自分、ちゃんと考えてキャラ作ってるのかなー?」って反省するきっかけにもなりました。

渋沢まるをどう成長させようか。模索を続けてみます。