読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴぃこ、息を吸う

アニオタ混じりのエイターで、絵を描く自称会社員のブログよろしく!

絵を仕事にするために大学、専門学校って行く必要はあるのか?

独学が辛いとき

最近は芸術家を育成する芸術大学美術大学だけでなく、イラストレーターや漫画家の学科もポピュラーです(ex.京都精華大学)。

私は、こう言った絵を描くための教育機関に通ったことが全くなく、それがコンプレックスになっています。

実際、数年間みっちり鍛えた芸術系の学校出身者とは、明らかな実力差があります。

そんな差を見せつけられて、凹んで筆が止まることもしばしば。

しかし、独学で漫画家やイラストレーターとなった人はたくさんいて、「学校って本当に必要なの?」と思っている自分もいます。

心の整理も兼ねて、絵を学校で学ぶ意味についてまとめました。


学生のメリット

ちゃんとした身分がある

まさにこれ。「美大生です」「専門学校生です」と言えば、デザイン事務所でインターンをするチャンスにも恵まれます。

たとえ美大生と同じ画力があっても、何の身分もない人がただ「こちらで働きたいです!!」といった場合どうなるか、ですよね。

 採用側もすでに専門知識と実践を持つ人を優遇するはずです。

就職の斡旋

特に専門学校は就職実績命ですから、就職活動は相当なケアをしてもらえるそうです。

上記の身分に加え講師陣のバックアップがあるって最強すぎる。。。


ライバルが身近にいる
当然ですが、美大も専門学校では同級生たちも絵を仕事にしたい。

互いにライバル意識を持って切磋琢磨する環境があります。

総合大学ははっきり言って安定志向のメッカです。

周りも黒スーツで会社員を目指すから「安定した会社に就職すべきだよな」って空気に流されてしまいます。 


学生のデメリット


先生の言いなりになる 

芸大に特にありがちな傾向の一つ、師弟関係にがんじがらめになること。

私も音楽大学を目指していた時期がありました。

先生に「受験をするなら、受験大学の先生に師事し、その人の弾き方を習得する必要がある」とアドバイスされました。

芸術系も同じようなこと言われました。(学科試験と同じく教授陣の好きな画風の傾向と対策みたいな)

「それってズルじゃね?」って普通は感じますが、音楽ではこれが普通でした。

芸術系の指導はマンツーマンになりがちなぶん、 師匠に毒されて自分の独創性を消す危険が常にあると言っても過言ではありません。


金がかかる

学校はとにかく金がかかる!!お坊ちゃんお嬢様でないと無理!!ってくらいかかる。

そうでなければ、奨学金の返済に人生を潰されることになります。

普通の私立大を卒業した私もなんとか契約社員の身分で返済に四苦八苦しております。 何百万もする芸大や有名な専門学校なんて、考えただけで恐ろしい。



教室は使い方次第?

未だに私の中では答えが出ません。 

独学で絵を仕事にしたい!!というのは思いの外厳しいのだな、と日々感じています。